2013年10月

2013年10月 に関する記事です。

アメ横と越野七段は31年の付き合いです。

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]


「おい!!!!てめぇ!違うだるーが!!!」


そう言ってから宏道の師匠であるゴミおじさんは、宏道に手本を示したのです。



「さすが師匠!!!」



「そうだるぅ?…ちょっと待ってる!」



そう言って宏道の師匠は一旦消え失せ、5時間程してから帰ってきました。



「ほら、飲め」



ポーンと投げ渡された缶コーヒー



「あ、ありがとうございます!」





--------------
以下、その日の夜の宏道の日記
--------------

10/25日(金)

今日、師匠が「ちょっと待ってる!」と言ってフラっと出て行ってから5時間帰って来なかった。

たかが缶コーヒー1つのために、5時間もどこに行っていたのか?
まず、5時間について考える前に記しておきたい事がある。

師匠は「ラ行」、特に「り」の発音が下手で「る」になる。
ジーパンなら「リーバイス」は「ルーバイス」中国人もびっくりのパチものになるが、これは文脈で理解できる。

今日の台詞は、「待ってろ」が「待ってる」になっていた。
慣れたつもりでいた僕もさすがに一瞬戸惑ってしまった。
僕の修行がまだまだ足りないという事だろう。

そうそう、以前、師匠と一緒にカラオケに行った事がある。
師匠がマイクを持ち、画面に久保田利伸の「ララララブソング」のタイトルが映った時、僕は心底ドッキリしたのだ。

そのカラオケには、大切な取引先の変なくさいおっさんもいたからだ。
師匠のネックとなっている「ラ行」連発の歌を、もしその変なくさいおっさんに聴かれたら…と、、

トイレに逃げるわけにはいかない。なぜなら僕は師匠「ゴミおじさん」の一番弟子だからだ。
僕は祈るしかなかった。



そして歌は始まった。



まあ、結局「ラ」はしっかり発音できるし、全体的に滑舌悪いから、なんともなかったんだけど。


むしろ、師匠の歌の途中に僕がかました【2番のサビ始まりからBメロ終わりまでずっと止まらなかった、特大のすかしっ屁】が近辺の5部屋が避難しなきゃいけないくらい大問題になってたけどね☆

※↑機材トラブルという事で無罪放免☆


とにかく、もしあの歌が「リリリリブソング」だったら、とんでも無い間違いを連発する所だった。
あの変なくさいおっさんも愛想を尽かし、師匠の技を買ってくれなくなっていたかもしれない。



それはさておき、本題に入ろう。



【謎の5時間】の件だ。



何が謎かって?それは、



師匠から渡されたコーヒーが、ものすごーーーく「ひと肌のヌルさ」だったのだ。


僕は悩んだ。


師匠は数時間前、「あったかーい」のコーヒー、「つめたーい」のコーヒー、どちらを買ったのだろう?と。

今日が12月なら「あったかーい」が、5時間かけてヌルくなったと確信できる。
今日がまだ8月だったなら「つめたーい」が5時間かけてヌルくなったと確信できる。

でも、今日は「10月25日」10月後半というこの微妙な時期だ。

天気も曇り、気温も暑くもなきゃ寒くもない。



では、僕の学んでいる内容から推測できないか?


大工さんのように、体を使う仕事なら汗もかくし「つめたーい」率70%くらいだろう。


だが!


僕が師匠から学んでる事


それは、【簡単なデータ入力のお仕事】だ。


座って雑談してるのがメインだし、疲れないし、汗かかないし…


仕事内容から「あったかーい」か「つめたーい」かを判断する事は出来ない。



思い悩み、思い悩み、、


気づいた時に僕は師匠の宝であるwindows95 を たたき割っていたのだ。



師匠は顔面蒼白。




しばらく後ろを向いて無言だった。



そして振り向いてから僕をこれまで見たことのない形相で睨み、言ったんだ。





「やってくるたなー!!! ついに、ついにやってくるたなー!!!!!」






…おいおい




ついに「れ」も「る」になっちゃったよ







あー 


飽きたから終わり


ねよーっと









スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。